はじめての方へ

HOME» はじめての方へ »【はじめての方へ】公式ホームページへようこそ!

はじめての方へ

【はじめての方へ】公式ホームページへようこそ!

西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」 公式ホームページへようこそ
 

紙吹雪イメージ
丹後は日本のふるさと 古代より食のみやこ

日本海に囲まれた丹後半島


「竹野郡芋野郷部古与曾赤春米五斗」
竹野郡芋野のお役人古与曾さんが、赤春米五斗を納めたと書かれています。
「芋野」は、丹後王国「食のみやこ」がある京丹後市弥栄町の集落のひとつです。

そこでは、1300年以上経った今も、地元の方々が赤米づくりを継承されています。
赤米や古代米は食べる文化遺産といえるのかもしれませんね。

日本海に囲まれた丹後半島は、豊饒の地。
豊かな海と山とひとびとが、古来より美味しい食材を育んでいます。

そもそもお米づくりのルーツも丹後にあるといわれています。
伝説によると、初めて米づくりをしたのは豊受大神(とようけおおかみ)(※1)だと言われています。

また、その場所は丹後王国から車でわずか10分たらずの峰山町二箇にある
月の輪田」だと語り継がれています。

まさに、食と文化が密接につながっている場所が丹後なのです。




幸運と長寿の国丹後王国

丹後の丹は赤や朱色、幸運を引き寄せる吉兆の色です

 

そして、幸福を引き寄せる丹の国、丹後は、長寿の国でもあります。
人口6万人弱ですが、10万人あたりの100歳以上の方が全国平均2.5倍です。(2013.9.1現在)

ギネスブック世界最高齢木村次郎右衛門さんは116歳まで、丹後町でお元気に暮らしておられました。


豊かな食材や加工方法を生かして、京丹後市では長寿御膳や長寿弁当を企画開発されています。
そういえば、海の老人と書く海老も縁起をかついで、お祝い事には欠かせない食材ですね。
伊勢では、毎年、伊勢えびの初物を伊勢神宮に奉納するというならわしがあると聞きます。
神さまも喜んで召し上がっておられることでしょう。



古代と現代がクロスロードする食のみやこ「丹後王国」

元伊勢の丹後で、丹の色の器に、丹後の食と文化のクロスロードを演出し、
皆さまの長寿と幸福を心から願う一品などをご用意し、皆様のご来園をお待ちしております。


(※1)豊受大神(とようけおおかみ)とは?
こちら
「竹野郡芋野郷婇部古与曾赤春米五斗」注) 竹野郡芋野郷:(現在の京丹後市弥栄町芋野)のお役人古与曾氏が赤米5斗を平城京に納めた。


 

歴史ロマン、豊かな食、産業、美しい景色 丹後エリアについて

丹後の「食文化」此処に集結。生産者インタビュー



 
各種マップ、電子ブックはこちら!
 
丹後王国 周辺マップ 丹後王国 園内マップ 丹後王国 電子ブック
丹後王国周辺 広域マップ

 
2017.12.15 NEW イベント
2018年3月18日(日)開催決定「かにかにマラソン」
2017.12.14 NEW 施設情報
各店舗・アトラクション営業案内
冬季・年末年始・イルミネーション・臨時休業・営業時間変更のお知らせ
2017.12.12 NEW 施設情報
【12月14日(木)実施】サーバーメンテナンスのお知らせ
2017.12.02   グルメ
生け簀の活かにも楽しめる!
丹後王国「食のみやこ」の かに料理!!
2017.12.01   ニュース
11月3日〜5日プレオープン 11月6日グランドオープン
天橋立ターミナルセンタ ーに「 丹後王国シーサイドバル 」オープン
2017.12.01   ニュース
トン'sキッチンの日吉ファーム
第5回全日本豚枝肉コンクール「名誉賞・農林水産大臣賞」受賞
2017.12.01   ニュース
10/28・29 道-1グランプリ2017 出品の自信作
「黒丹バーガー」七姫殿にて発売中
2017.11.26   ニュース
11月26日(日)開催 クラフト体験「アニマル段ボールアート」
開催場所変更のお知らせ

TODAY 2017/12/16(土)
現在開催中のイベント・本日のお知らせ

開催予定のイベントなど
最新情報  

お問い合わせ PAGE TOP