最新情報

HOME» 最新情報 »京都丹後クラフトビールの販売を開始しました。

最新情報

京都丹後クラフトビールの販売を開始しました。


京都丹後の道の駅、丹後王国「食のみやこ」で
クラフトビールが
7種類揃って販売を開始しました

 
 
   
   
   
   

京都府の北部、京丹後市位置する丹後王国「食のみやこ」のビール工房では、京都・丹後地域のシンボルである「丹後七姫」にちなんだ、7種類の個性的なクラ フトビールが年間を通してお楽しみ頂けます。ビールを醸造する職人は約20年にわたりクラフトビール作りに関わり、2013年にはインターナショナル・ビ ア・コンペティションで金賞を受賞するなど、実力派の職人です。


デザインは丹後地域と丹後王国「食のみやこ」の象徴である、「丹後七姫」が彩っています。 丹後王国「食のみやこ」のクラフトビールは、男性のみならず 見た目の美しさから女性や贈答としても好評頂いております。 また各ビールの箱には、それぞれの姫の由来や味の特徴が書かれており、飲む前から丹後の地を楽しめるデザインに仕上げています。 自分へのちょっとした贅沢にも、日頃お世話になった方へのギフトでもぜひご利用ください。

 
https://tango-kingdom.com/_file/beer.jpg
丹後王国「食のみやこ」のビール工房で作っているビールの特徴は、口当たりのまろやかさと飲みやすさです。
7種類あるビールの中には過去コンペで 金賞を獲得した「スモーク」(通称ラオホ)や、京都の米処の丹後コシヒカリを使用した「マイスター」などの個性的なビールのほか、女性に圧倒的な支持を受 ける「ヴァイツェン」やクラフトビール好きがまず選ぶ「アンバーエール」など、7種類全て飲みやすく仕上げています。また現在数あるクラフトビールのラベ ルでも、地域に根差した鮮やかな「姫」を使用しているのは珍しく、ビールの味は勿論、丹後の歴史も同時に楽しんで頂けます。




ここ近年国内でも注目を浴びてきた「クラフトビール」。このクラフトとは「工芸」という意味であり、その名の通り工芸品のように細部への職人のこだわりが詰まったビールです。国内に200弱のビール醸造所が存在しているといわれており、京都の最北端に位置するブルワリーがここ道の駅丹後王国「食のみやこ」の中にあります。




「地ビール」とは一般的に所謂ご当地のお土産として、その地で作られるビールのことを指します。(そのため丹後クラフトビールは地ビールとしても言えます。)一方クラフトビールとは小規模醸造で個性的なビールが多いのが一般的ではあるものの、言葉の定義としては非常にあいまいです。丹後王国「食のみやこ」の丹後クラフトビールは、職人こだわりの各味の個性を強くもった「クラフトビール」として、お客様にご提供しております。






 

(左より表記/金額は通販サイトでの個箱込み価格) 
 
 スモーク 【心地よい苦みとスモーキーな香り】 540円
 メルツェン 【すっきりとした味わいと香ばしさが特徴】 540円
 アンバーエール【芳醇、濃厚な香りと味わい】 540円
 ヴァイツェン 【さわやかな口当たりととフルーティな香り】 540円
 ロンドンエール【軽快な苦みとフルーティな香り】 540円
 ピルスナー【ポップの上品な香りと爽快な味わい】 540円
 マイスター【まろやかな味わいとスッキリクリア味わい 540円
※味の詳細はページ下に更新していきます。(品名をクリックすると詳細説明に飛びます。)
 
 
丹後王国「食のみやこ」のロゴと丹後七姫が上品に飾る、
お土産や贈答にもぴったりな箱も御用意しております!





・色も鮮やかな個箱に入れて、7本セットや3本セットで
お届けが可能です。



・7種類のバラエティ豊かな味に加え、
各姫の由縁もお届け致します。

 

☆上記商品は通販サイトでもお買い求め頂けます☆


遠方でなかなか行けないけど、丹後王国のクラフトビールを
試してみたいという方のために、通販サイトでもご購入頂けます。

下記画像のリンクよりご確認くださいませ。


 
 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.1【メルツェン】~
 
 
 
 
 

ドイツ語で3月を意味するMarz(メルツ)から由来

 
丹後王国「食のみやこ」で7番目のビールとして最近できたばかりのメルツェン、実はドイツ語で「3月」を意味する言葉が由来です。 


ビールは気温と酵母の関係で寒い時期しかできなかったので、3月に秋まで保存する用のビールを多く作り置きしていたとのことです。
 
 
 
そして秋になると、ビールの蔵を空けるために各醸造地で
ビールを飲んで盛り上がったことから、
現在の「オクトーバーフェス」が始まったとか・・・

 

メルツェンの味の特徴


 


本来秋まで保つ必要があったのでメルツェンビールは
抗菌作用のあるホップを大量に入れたことから、
メルツェン=苦みが強いビールというのが一般的でした。

 

 

ですが丹後王国「食のみやこ」のメルツェンでは苦みを抑え、
まろやかで飲みやすい味付けにしております。


 

メルツェンと合う料理の特徴

 

 

ビール職人の山口さん曰く、
丹後王国「食のみやこ」で販売しているメルツェンは
香ばしい味の料理に合います。 

 



やはりオクトーバーフェスで飲んでいたビールとのことなので、
ソーセージなどとも非常に合いそうですね。

 

 

 

 

(丹後王国「食のみやこ」で製造しているソーセージも、
もちろんビールとの相性はバッチリです)



 

 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.2【ヴァイツェン】~


 

ヴァイツェンビールとは

 
ビール好きな方を除くとあまりなじみがないヴァイツェンですが、
「ホワイトエール(白ビール)」と呼ばれる種類に属します。

 
 
その名前の通り、色が他のビールよりも
若干薄く明るい色をしております。

 

 


ヴァイツェンの味の特徴

 

ヴァイツェンの味の特徴は、とある果物を連想させる香りです。



使用している香辛料と小麦粉の関係で、
なんと「バナナ」のような香りがするビールとして、
丹後王国「食のみやこ」のクラフトビールの中でも
女性の中から圧倒的な支持を受けております。

 


ヴァイツェンと合う料理の特徴


ビール職人の山口さん曰く、
丹後王国「食のみやこ」で販売しているヴァイツェンは
辛口のカレーに合うとのことです。



カレーの香辛料の辛さと、ビールのフルーティでまろやかな味の
相性がばっちり合うとのことです。

ぜひ一度お試しくださいね。

 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.3【アンバーエール】~



アンバーエールとは

アンバーエールとはなじみのある方は少ないかも知れませんが、
実はクラフトビール好きの方には非常に人気なビールです。
「アンバー」とは「色が濃い」という意味であり、
見ための色も1つの特徴です。




 

 
 

アンバーエールの味の特徴

アンバーエールの味の特徴は、見た目の色からも伝わってくる
濃厚・芳醇さとまろやかな口当たりです。

またグレープフルーツのような苦みや酸味も感じることができ、
その点もビール通をうならせています。

 
 

アンバーエールと合う料理の特徴


ビール職人の山口さん曰く、
丹後王国「食のみやこ」で販売しているアンバーエールは
牛筋煮込みなどの、味の濃い肉料理にあうそうです。






その他味の濃い和食にも合うとのことで、
ごくごく飲むビールというよりは
ゆっくり目にまったり飲むのがお勧めです。

 


 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.4【ロンドンエール】~



 

ロンドンエールとは


ロンドンエールとはアンバーエールとは異なり、
丹後王国のビール職人の山口さんが名づけた、
完全オリジナルの名前です。


一般的には、「ペールエール」ビールに属し、
この「ペール」とは「薄い」を意味します。

今回英国産の原料を使っており、昔山口さんがロンドンで飲んだ
ペールエールが非常に美味しかったことから、
あのペールエールビールを超えたという思いで名付けたのが
この丹後王国のロンドンエールです。



 
 


ロンドンエールの味の特徴


ロンドンエールの味の特徴は爽やかな苦みとフルーティな香りです。

コクも程よく感じられ、アンバーエールよりも苦みを抑えており、
より爽やかな味になっています。

 
 

ロンドンエールと合う料理の特徴


ロンドンエールはアンバーエールと同様に和食に合いますが、
ビール職人の山口さん曰く醤油など発酵食品と相性が良いそうです。

そのためお刺身と一緒に飲んでいただくのがお勧めです。



アンバーエールと同様、ゆったりビールの味をお楽しみ下さい。

 


 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.5【マイスター】~


 


マイスターとは


マイスターとはクラフトビール好きの方たちの中でも
一般的なビールではありません。
今回副原料で丹後コシヒカリを活用しており、
お米の「マイ」でマイスターと名付けました。




 
 

マイスターの味の特徴

 
マイスターの味の特徴は、丹後コシヒカリを使用している
口当たりのまろやかさです。

他の丹後王国「食のみやこ」のクラフトビールの中でも
最もスッキリしたビールです。





 
 

マイスターと合う料理の特徴


原料でお米を使用していることから、和食
特に焼き魚との相性がばっちりです。



 
喉越しがすっきりしているため「最初の1杯」として、
喉の渇きを潤すために
飲むビールとしてお勧めしています。

 
 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.6【ピルスナー】~


 

ピルスナーとは


クラフトビール好きの方たちがイメージするのは
ドイツ産のホップを使用していますが、
丹後王国「食のみやこ」のプルスナーは香り高い
チェコのホップを使用したボヘミアンスタイルに仕上げています。





 
 

ピルスナーの味の特徴

 
丹後王国のクラフトビールの中でも一番「ビール」らしいのが
このピルスナーのビールです。

 
通常のピルスナーよりも香りとまろやかさが特徴であり、
苦みも控えめで飲みやすくなっています。


 
 

ピルスナーと合う料理の特徴


ほどよい苦みと心地よい爽やかさから、
ビールのおつまみの定番である塩味のポテトなどがお勧めです。



ビール好きな方はおつまみと合わせて
ずっと飲んでいる方も多くいらっしゃいます。


 

京都丹後道の駅丹後王国「食のみやこ」のビール紹介

~vol.7【スモーク】~




 

スモークとは


丹後王国「食のみやこ」で提供しているスモークですが、
一般的には「ラオホ」と呼ばれるビールに属します。

 

元々は昔ドイツのビール工房が火事になった際に、
焼けてしまった麦芽を使ってビールを製造したところ
美味しかったことから、「ラオホ」ビールが始まったとのことです。



 

スモークビールの味の特徴

 
丹後王国「食のみやこ」のスモークビールの特徴は、
その名の通りスモーキーな香りと心地よい苦みです。


また丹後王国「食のみやこ」のスモークは
過去にインターナショナルビアコンペティションで
金賞を獲得しており、ラオホビール好きに
定評がある品になっています。

 
 

スモークビールと合う料理の特徴


一般的にラオホ系のビールは燻製された「スモーク」系の
食品とは合わないと言われていますが、
丹後王国「食のみやこ」のスモークは違います。




ぜひスモークチーズやスモークサーモンなど、
燻製のおつまみと一緒にお楽しみくださいませ。



 

 

 

 
2016/03/03
2020.09.05   ニュース
「満点 青空レストラン」で取り上げられました!京丹後で丁寧に育てた自慢の「京たんくろ和牛」!
2020.08.20   ニュース
【アンテナショップ 丹後TABLE】伝統産業製品 展示 販売会 8/22 開始
2020.08.20   施設情報
丹後王国フルーツガーデン 午前中お休みのお知らせ。
2020.07.10   ニュース
TANGO KINGDOM Beer が掲載されました。
2020.07.05   施設情報
本日(7/5)アトラクション お休みします。
2020.07.04   施設情報
アトラクション お休みします。
2020.07.02   施設情報
アトラクション 営業再開のお知らせ
2020.07.01   施設情報
農林水産省 インターネット販売促進事業への【お問合せ・お申し込み】

最新情報  

お問い合わせ PAGE TOP